PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

12月第3週目は利上げ期待や米指標でドル高傾向!!USD狙い継続だ

12月第3週目経済指標
もくじ

12月第3週目は利上げ期待でドル高傾向!!しかし北朝鮮リスクも心配される

今年も早いもので1ヶ月を切りました。12月はドル高の傾向になりますが、今年もその流れがあります。

ただ11月29日に北朝鮮が弾道ミサイル(ICBM)を発射した事で緊張感が走りました。その影響で一部では『クリスマスに軍事行動が開始されるのではないのか?』『年末年始にアメリカが先制攻撃を行うのではないか?』という憶測が飛びかっている事もあり思ったようにドル高状態にはならず、いつドルが暴落してもおかしくない状態にある事は間違いありません。


そして14日(木)には今年最後のFOMCも開催され0.25%の金利引き上げがほぼ確実視されるため、ドル高がより進む事が予想されます。ただ上記で説明したように北朝鮮のリスクや年末に市場が閉まるため、この時期は短期的な取引が有効でしょう。

第3週目の為替が動きそうな狙い目経済指標

英国・消費者物価指数(CPI)

  • 発表日時:12月12日(火曜日) 18:30
  • 前回の結果:0.1%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:イギリスの中央銀行(BOE)は2.0%の物価上昇目標としているので純粋に、前回の0.1%以上の結果が出ればユーロが買われるでしょう。しかし前回よりも悪ければユーロ買いになるなど数字に影響されて為替が動くでしょう。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

ドイツ・ZEW景況感指数

  • 発表日時:12月12日(月曜日) 19:00
  • 前回の結果:18.7
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:単純に前回の18.7よりもいい数字がでればユーロ買いが進み、逆に悪い数字でうればユ-ロ売りが進むでしょう。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・生産者物価指数

  • 発表日時:12月12日(月曜日) 22:30
  • 前回の結果:0.4%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:14日にFOMCの発表が控えているので、あまり大きい為替変動は見込めるません。ただ前回の0.4%よりも良い数字がでればドル買いが短期的に行われるため発表後の為替変動を狙うといいかも。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

日本・機械受注

  • 発表日時:12月13日(水曜日) 8:50
  • 前回の結果:-8.1%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:最近頻発している日本の製造業に関する不正事件が為替に与える影響は少しではありますが、あります。そのため結果に敏感になっている部分もあり前回よりも悪い結果となれば円売りが進むでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

英国・雇用統計

  • 発表日時:12月13日(水曜日) 18:30
  • 前回の結果:2.3%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:イギリスの雇用状態を示す指標なので単純に結果がよければポンド買いが進み、悪いとポンド売りが進むと分かりやすい為替変動をするでしょう。
  • 発表後の為替予想:GBP/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・消費者物価指数(CPI)

  • 発表日時:12月13日(水曜日)22:30
  • 前回の結果:0.1%
  • 次回予想:0.4%
  • 注目ポイント:前回の結果よりも上昇すると予想されているので、ドル買いが進む可能性が高いと言えます。もし万が一前回の数字よりも下回った場合はドル売りの危険があるので、注意が必要でしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・FRB政策金利(FOMC)

  • 発表日時:12月14日(木曜日) 4:00
  • 前回の結果:1.25%
  • 次回予想:1.50%
  • 注目ポイント:今週最大のビッグイベントのFOMCです。利上げはほぼ確定なのでドル買いが進む可能性が高いです。その中でも継続的に利上げが来年も行われるという強い内容の発表があれば115円台まで上昇すると予想されるので内容次第ですね。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・小売売上高

  • 発表日時:12月14日(木曜日) 22:30
  • 前回の結果:0.2%
  • 次回予想:0.2%
  • 注目ポイント:0.2%といい数字が今回も出てます。さらに12月はブラックフライデーの影響で小売売上高が上がる傾向があります。そのため前回や市場予想よりもいい数字がでればドル買いが一気に進むでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・鉱工業生産指数

  • 発表日時:12月15日(金曜日) 23:15
  • 前回の結果:0.9%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:15日の午前には日銀短観の発表がありその結果がいい場合は米ドル買いの円売りの構図となるでしょう。そのためアメリカ・鉱工業生産指数の結果次第ですが、米ドル売りの円買いという構図になるため合わせて日銀短観の数字を見ておくといでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

利益を出しやすいおすすめの業者と取引方法

と、ここまで12月第3週目の注目経済指標と為替予想をしてみましたが、予想は外れる事があります。しかし為替が動く事は間違いないので、この取引チャンスを生かして一儲けしましょう。

そしてこんな時におすすめのバイナリーオプション取引は短期取引です。

とくに30秒~5分程度の取引がおすすめ。当サイトおすすめ業者であるハイローオーストラリアでは1分取引でも最大2倍のぺイアウトと利益率が高いと人気がある業者です。

そして下記で以前米雇用統計発表後にハイローオーストラリアで取引した流れや分析をしながら取引する利点など紹介してるので、合わせて確認してぜひこのチャンスを利用して一儲けしてみてください。

米雇用統計発表後に為替変動を狙ってハイローオーストラリアで取引した【気になる詳細はこちらから】

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 三井住友銀行と提携!銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 5,000円のキャッシュバックボーナス
無料口座開設・公式サイトはコチラ

これからハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

※クリックすると詳細記事へ移動します。

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。