PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

アメリカ大統領選挙が為替相場に与える影響とは?

【11/9追加】———————————-
大盛り上がりだった大統領選挙はまさかのトランプ勝利で決着がつきましたね。最新版としてアメリカ大統領選挙後の為替相場予想で12月に向けて為替相場がどう動いていくかなど紹介してるのでこちらも合わせて確認されてみてください。
————————————–

利上げ見送りに終わったアメリカですが、現在新たに壮絶なバトルを繰り広げているものがありますね。そう大統領選挙です。

利上げ見送りから見る今後の相場予想と注目イベントでも説明しましたが、大統領選挙中の利上げは行わないほどアメリカにとって大統領選挙は重大なイベントなのです。

今回はこの大統領選挙が為替相場にどのような影響を及ぼすのかの話をしたいと思います。

これを読めば相場予想に役立つポイント

米大統領選挙の年とその翌年はドル高になる傾向が強い

米大統領選挙は4年毎に開催されていますが、米大統領選挙の相場の法則があるって知ってますか?その法則とは米大統領選挙の年とその翌年はドル高になる傾向が強いという現象です。

とうしてドル高になる傾向があるかというとアメリカ自体の経済的価値を上げるように対策をうつからです。

ドル高という事はドルの価値が上がり購入されるという事。つまりドルが人気があるという状態で『強いアメリカ』を見つける事が出来ます。そのため新しい大統領就任の年と翌年はドル高になる傾向があるのです。

過去の大統領選挙と為替相場

大統領選挙の年為替相場大統領選挙の翌年為替相場
1984年ドル高1985年ドル安
1988年ドル高1989年ドル高
1992年ドル高1993年ドル安
1996年ドル高1997年ドル高
2000年ドル高2001年ドル高
2004年ドル安2005年ドル高
2008年ドル安2009年ドル高
2012年ドル高2013年ドル高

8年の過去のデーターを出してみましたが、大統領選挙の年と翌年どちらとも75%の割合でドル高になってるのが分かりますね?


もっと詳しく言えば2008年はリーマン・ショックがあった年なので、ドル安になった事は例外ともとれる結果とも考えられるためこの米大統領選挙の年とその翌年はドル高になる傾向が強いという法則は当てはまっていると言えます。

ただしトランブが勝利した場合はドル安になり円高状態が継続する事も

usa-senkyo1

【10/24追加】——————————
第3回テレビ討論会ではクリントンの圧倒的な勝利を感じましたね。その事によりトランプが勝つ確率が低くなり、米大統領選挙の相場の法則である米大統領選挙の年とその翌年はドル高になる傾向が強いが強まってきました。

——————————————–

9月26日と10月10日は大統領選挙の注目度が高いイベントとしてテレビ討論会がありました。日本でも東京都知事を決める際もテレビ討論会があったように自分の意見を伝えたり、露出するための手段として効果的なものです。

世論調査ではクリントンさんの方が優位だったと答える方が多かったようですが、どうでしょうね。

個人的にトランプさんは暴言が多いのでクリントンさんの方がいい気がします。そう思っている投資家も多いでしょうし、そうなるとアメリカの価値が下がるかも。

今103円台をキープして円安とは言えないながらも円高が緩和される傾向がありますが、トランプさんが勝利した場合、ドル売りが行われる可能性が高く円高が急激に進む事も考えられるので、今年はどうなるか少し分からないですね。


そしてクリントンさんもですが、今までの発言からして政策的にドル高を容認しない派の人なんです。つまり今の円高状態を悪いとは思っていないので、大統領になり政策を発表する頃にはドル安円高の状態になっている可能性も消えません。

新財務長官人事も注目!ブレイナード財務長官の就任なら利上げの期待もより一層深まる

そして為替市場ではにわかに、新財務長官人事も注目度が高いのです。巷では「クリントンさんが大統領に選ばれたらブレイナード財務長官(現FRB理事)で決まりだ」と憶測が飛んでいます。

どうなるかは定かではないですが、もしブレイナード財務長官(現FRB理事)になった場合為替相場に新たに変動がある可能性が!!

最近のFRB高官は「利上げの時期だ」「利上げは今ではない」など発言がコロコロ変わるような人ばかりですが、ブレイナード財務長官はずっと同じ意見で一貫性がある方なのです。


つまりこの人の発言は信憑性があるという事でブレイナード財務長官が「利上げをする」又は「利上げをしない」と発言すれば投資家の心理がくすぐられて相場変動があるというわけですね。

ドル高円安になる可能性が高い今バイナリーオプションで利益を獲得するチャンス

ここまで大統領選挙が為替相場にどのような影響を及ぼすのかを簡単ではありますが説明してきましたが簡単にいうと例年の法則のようにドル高円安になる事は間違いないという事です。

と、言っても今様子見状態で1ドル=103円台で、しかも円高を食い止めるようなイベントが直近でない事や、利上げが不透明なため今の時点では2017年に向けて90円台に向かっていくような相場になる可能性もあるため、ずっとドル高円安になるわけではないと思いますが、11月中旬~後半あたりまではドル高円安傾向になり、12月のFOMC次第で改めて2017年の為替相場も明確に分かってくると思います。

と、こういう分かり易い相場の時はバイナリーオプションで利益を上げるチャンスです。

下記でおすすめのバイナリーオプションごとに勝てる秘策を紹介してるので是非参考にしてバイナリーオプションで一儲けしてみてください。

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

少ない資金で多くの利益を出したいそんな希望を叶えてくれる業者!

オプションビット(Optionbit)

分析が苦手な方におすすめ!分析ツールアルゴビット搭載

Yバイナリー(Ybinary)

最大400%の高倍率のペイアウトで利益が期待できる

スマートオプション(smartoption)

自分で取引せずに利益を上げたいならここ!!

  • 自動売買取引「iフォロー」搭載で楽して勝てる!
  • 最低入金額10,000円・最低取引額500円!
  • 申請2日程度で出金対応のサービス!
  • 勝てる秘策※iフォローで勝てる秘策【詳細】
今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。