住宅着工件数でドル買い再び降臨!

米・住宅着工件数

15日の22時30分に発表された消費者物価指数では市場予想よりも0.1%高い結果となり物価が少しづつではありますが、上昇傾向にある印象です。

そして小売売上高もハリケーンの影響で車の買い替えやガソリンスタンドを利用する人々の影響で前月比で約2年ぶりの大幅な増加がありました。

しかし同時に発表されたニューヨーク連銀製造業景気指数が前回よりも大幅に下がり、ドル安傾向へと進みましたね。

このままドル安傾向を突き進むというとそうではありません。だってまだ今週はドルが動く経済指標の発表があるからです!!

直近でドル円が動く経済指標・・・それはアメリカ・住宅着工件数です。

どうしてかというと、本来あまりこの経済指標はあまり注目されません。しかしハリケーン被害後に自宅の修復や建て替える人々の住宅着工件数が反映される時期だからです。

と、いう事で、今回は17日発表のアメリカ・住宅着工件数について発表後どのように為替が動くか過去のデーターを元に予想し、購入タイミングなど紹介します。

もくじ

アメリカ・住宅着工件数って何?どんな指標?

アメリカ・住宅着工件数とは
景気動向に敏感な指標です。住宅投資が活発になる事で、家具や家電製品の購入も増加するなど波及効果があります。そして、金利状況にも左右される傾向が強いため金利状態も把握して為替予想するといいでしょう。

15日発表の消費者物価指数の結果からして12月の利上げへの後押しになったし、今回だけではなく来月以降の購入意欲を掻き立てる事でドル高へと移行していく兆しが感じられます。

注目すべき点と過去の結果から17日の為替を大胆予想

今回の住宅着工件数で注目すべきポイント

⇒ 次回予想値を超えられるか?

アメリカ・住宅着工件数

  • 発表日時 :10月18日(水曜日) 21:30
  • 9月住宅着工件数の予想 :1.180万件
  • 9月住宅着工件数の結果 :1.127万件
  • 9月住宅着工件数発表後の為替の動き : 市場予想に届かずネガティブな印象を与えドル売りが進む。(USD/JPYでLOW

10月の発表では市場予想よりも下回ったため、ドル売りが進みました。こちらを見てください。

住宅着工件数

10月の住宅着工件数が発表されたUSD/JPYを1分足で見たものです。

発表される3分前からドル売りが目立ちます。これは7月発表では119.0万件、8月の発表では118.0万件と悪い結果が続いている中、9月住宅着工件数の予想が8月と同じ118.0万件だった事で期待出来ないと判断し早めに利益確保のために動いたのでしょう。

そして結果は市場予想に届かずネガティブな印象を与えドル売りが進みました。

まぁ最悪に悪い状態ではなかったのでその後は伸び悩んで雲の中を上がったり下がったりするような感じでした。

このように数字だけの結果ではどちらに動くのか分からないので、MT4などの分析ツールも表示し、ローソク足とRSIの動きなど参考にして取引をすると利益をより確実につかむ事が出来るのでおすすめです。

アメリカ・住宅着工件数

  • 発表日時 :11月17日(金曜日) 22:30
  • 10月の結果 :112.7万件
  • 11月予想 :119.0万件
  • 注目ポイント:前回の結果が悪くドル売りが進みましたが、今回は市場予想が前回より上がるとされているので予想とおり119.0万件以上であればドル買いが進むきっかけになります。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

為替が動く時におすすめの取引法とは?

為替が動く時におすすめなのがやはり短期取引でしょう。短期取引はバイナリーオプション初心者でも狙いやすいですしね。

バイナリーオプションの最大の魅力である少しの変動でも利益を獲得できるので、取引時間の目安としては一気にドル買いが行われる17日22時30分前後が狙い目です!!

と、言っても発表を見て予想するのは高度なテクなので、5秒~15秒程度まてばどちらかに動くので、その動いたタイミングを見て同じように1分取引か30秒取引で買う作戦がおすすめ。

そのため21時30分前後にはPCまたはスマホをかじるつくように値動きをチェックしてなければいけません。

ただ前回のように結果がいいと予想しフライングして購入する人もいるかもしれないので、合わせて分析ツールを開きローソク足やRSIで為替の動きをチェックしながら取引をするとより確実に利益を出す事が出来ます。

まぁ上記で説明した予想はあくまでも予想なので外れる事もあります。ただ経済指標発表後に為替が動く事は確実なので、是非参考にしてみてください。

ちなみに取引におすすめな業者としてはハイローオーストラリアがイチオシです。ペイアウト最大2倍と1分取引や30秒取引でも利益を沢山出せるのでおすすめです。

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 三井住友銀行と提携!銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 5,000円のキャッシュバックボーナス
無料口座開設・公式サイトはコチラ

これからハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

※クリックすると詳細記事へ移動します。

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年6月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
ABOUTこの記事を書いた人
只松美咲アイコン

投資歴6年、AB型の只松美咲(ただまつみさき)です。バイナリーオプションに興味がある方、初心者の方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているのでフォロー宜しくおねがいします!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。