11月第4週目は円売りの流れが強い!ドルやユーロ狙いで一儲けチャンス

11月第4週目狙い目経済指標
もくじ

11月第4週目は円売りベースが難度の低い投資方法!

11月に入りトランプ大統領がアジア訪問や米雇用統計など米国だけが注目されていましたが、日本の経済も為替に影響を与える週になるでしょう。

どうしてかというと、日本では金融や経済の面から為替動向を見ると、引き続き金融政策は緩和維持状態。そして今後は財政出動も活性化することが予測されている事からインフレ期待が高まっているからです。

株価の調整が長引く事もないですし、円売りの流れが強くなるでしょう。

そして12月の中旬にはFOMCで米利上げが実施される事が濃厚ですし、ユーロ圏でも年末の経済指標が強い場合、来年からはテーパリング(量的金融緩和の縮小)が開始となるかもしれません。


その影響で今、安心通貨して買われている円を売り、ドルやユーロを購入する投資家が増えるでしょうね。

第4週目の為替が動きそうな狙い目経済指標

日本・通関ベース貿易収支

  • 発表日時:11月20日(月曜日) 8:50
  • 前回の結果:6,702(2,403)億円
  • 次回予想:3,300(1,975)億円
  • 注目ポイント:大きく赤字が出る結果となれば短期的に円高傾向が強く、大きく黒字が出る結果となれば短期的に円安傾向が強くなります。市場予想では前回よりも結果が悪いとされているので一時的な円売りが行われる可能性があります。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・中古住宅販売件数  注目アイコン

  • 発表日時:11月22日(水曜日) 00:00
  • 前回の結果:539万件
  • 次回予想:541万件
  • 注目ポイント:ここ2年500万件以上がキープした状態なので、今回の市場予想である541万件ほどあればドルが買われるきっかけになります。しかし500万件に届かない結果であれば一気にドルが売られて110円台まで下落する事も考えられます。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・耐久財受注(速報値) 注目アイコン

  • 発表日時:11月22日(水曜日) 22:30
  • 前回の結果:2.0%
  • 次回予想:0.6%
  • 注目ポイント:市場予想では前回よりも悪い予想ですが、同時に発表されるに新規失業保険申請数の結果次第でドル買いが行われる可能性もあります。ただマイナスになるような結果であればドル売りが進むので、大幅に結果が悪い場合はドル売り狙いがおすすめ
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ短期的に LOW ※確率が高い

アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) 注目アイコン

  • 発表日時:11月23日(木曜日) 00:00
  • 前回の結果:97.8
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:速報値よりも大きく変化があれば為替に与える影響は大きいですが、おそらくそれはないでしょう。90以上の結果が出る事は予測されているので前回よりも悪ければドル売り、良ければドル買いが進むと思っていれば大丈夫です。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・FOMC議事録 注目アイコン

  • 発表日時:11月23日(木曜日) 4:00
  • 前回の結果:
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:前回のFOMCで話合わせた結果の議事録です。12月の利上げは確定ですし、イエレン議長の後任がパウエル氏となった事は発表されていますし、とくに置きく為替に影響は与えないでしょう。ただし、何か利上げを裏付けるような発言や行動があればドル買いが進むでしょうが、今回場合は短期的に動く程度でしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

ドイツ・実質GDP(確報値)

  • 発表日時:11月23日(木曜日) 16:00
  • 前回の結果:0.6% / 2.3%
  • 次回予想:0.8% / 2.8%
  • 注目ポイント:単純に結果が悪ければユーロが売られます。市場予想では前回よりも結果がいいとされていますし、ユーロ買いが進む可能性が高い。しかし確報値は選かい発表された速報値ほどインパクトがないのでかなり良いか悪いか極端な数字が出ない限り為替が大きく動く事はないでしょう。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

ユーロ・非製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値)

  • 発表日時:11月23日(木曜日) 18:00
  • 前回の結果:5.5
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:17時30分に発表されるドイツ非製造業PMIよりも数字がいいか悪いかで動きが変わります。もし、ドイツの指標とユーロの指標が同じようにいい結果、またはお互い悪い結果であればそこまで為替に動きがありませんが、仮にドイツ非製造業PMIのみ結果が良かった場合はユーロ買いが若干ある程度で、ドイツ非製造業PMIのみ悪い結果であればユーロ売りが進みます。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

ドイツ・Ifo景況感指数 注目アイコン

  • 発表日時:11月24日(金曜日) 18:00
  • 前回の結果:116.7
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:ユーロ圏の中ではいい結果を出してる指標なので素直に前回よりも結果がいい場合はユーロ買いが進み、結果が悪い場合はユーロ売りが進むでしょう。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

利益を出しやすいおすすめの業者と取引方法

と、ここまで11月第4週目の注目経済指標と為替予想をしてみましたが、予想は外れる事があります。しかし為替が動く事は間違いないので、この取引チャンスを生かして一儲けしましょう。

こんな時におすすめのバイナリーオプション取引は短期取引です。

とくに30秒~5分程度の取引がおすすめ。当サイトおすすめ業者であるハイローオーストラリアでは30秒取引でも1.95倍のぺイアウトと利益率が高いと人気がある業者です。

ぜひこのチャンスを利用して一儲けしてみてください。

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 三井住友銀行と提携!銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 5,000円のキャッシュバックボーナス
無料口座開設・公式サイトはコチラ

これからハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

※クリックすると詳細記事へ移動します。

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年6月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
ABOUTこの記事を書いた人
只松美咲アイコン

投資歴6年、AB型の只松美咲(ただまつみさき)です。バイナリーオプションに興味がある方、初心者の方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているのでフォロー宜しくおねがいします!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。