アメリカ新築住宅販売件数を使いバイナリーオプションで予測してみよう

2019年4月23日にアメリカ新築住宅販売件数の発表があります。

知っている人と知らない人に分かれるかと思いますが注目の経済指標です。

初心者でもファンダメンタル分析(経済指標など)で勝率をあげる事ができますので活用していきましょう。

1度コツを掴めば繰り返し使える知識なのでぜひ覚えて欲しいです。

3つのポイントを絞ってみていきましょう。紹介する内容は以下になります。

①経済指標とは何?

②経済指標でトレードするための準備

③アメリカ・新築住宅販売件数で試してみよう

それではさっそく見ていきましょう。

①経済指標って何?

経済指標とは、各国のお偉いさん達が自国の経済状況を報告している「情報」になります。

例えば日本が景気がいいのか世界の投資家達はどう判断したらいいかわからないですよね?

景気を知る重要な経済指標は主に「雇用統計」と「失業率」になります。

簡単に説明すると雇用が多いほうが景気が良く、失業率が多ければ景気が悪いと判断されやすいです。

特に世界経済の中心であるアメリカの経済指標が注目されています。

注目されるということは、アメリカの雇用統計の数値が低いとドルは売られる可能性が高いという事です。

②経済指標でトレードするための準備

経済指標で取引するためには準備が必要になります。最低でも以下の3つを準備するといいでしょう。

①どんな経済指標があるかチェックし結果を把握する為の経済指標の予定表

お勧めのツールはみんかぶさんのみんかぶ経済指標カレンダーです。

②当たり前ですが取引口座が必要ですね。

人気ランキング1位のハイローオーストラリアになりますが、高ペイアウトで攻めたい方はファイブスターズマーケッツをお勧めします。

③MT4で分析ツール使って流れを掴もう。

MT4という分析ツールをダウンロードする必要があります。トレンドを見たりテクニカル分析を無料で使える事ができます。

経済指標カレンダー、取引口座、MT4の3つは準備しておきましょう。

③アメリカ・新築住宅販売件数で予測

ここからはより実践的な話になります。

今回はアメリカ新築住宅販売件数の指標で挑戦します。

ポイントは以下の5つを理解する事です。アメリカ新築住宅販売件数で当てはめていきます。

①いつ結果発表があるのか?

2019年4月23日の23:00時

②重要度

星が5なのでまあまあ重要

③過去の推移

グラフを見ると分かりますが、右肩上がりという事を理解しておきます。

④前回の結果

前回の結果は66.7万件です。

⑤市場の予想

そして市場予想は63.0万件と減っています。

以上の情報から前回より市場予測は減っていますよね。

結果が予想通り63万件だった場合はドルは売られると考えられますが予想通りだとあまり動かない場合もあります。

大きく値動きする場合は過去の推移から見ます。70万件を超えればかなりドルは買われると予測できます。

しかし55万件を下回ると大きく売られる可能性もありますね。以上が予測の基本的な流れになります。

必ず当たるとは限りませんのでご了承ください。

過去に経済指標で実際に検証した記事があるので合わせてお読みください。

米雇用統計発表後に為替変動を狙ってハイローオーストラリアで取引した【気になる詳細はこちらから】

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年6月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
ABOUTこの記事を書いた人
只松美咲アイコン

投資歴6年、AB型の只松美咲(ただまつみさき)です。バイナリーオプションに興味がある方、初心者の方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているのでフォロー宜しくおねがいします!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。