バイナリーオプションの”レンジ取引”意味は?

range

相場に動きがないときには特に利用できるレンジ取引

レンジとは日本語で「幅」という意味になります。レンジ取引ではチャートに一定の幅が設けられており、時間内にその幅から出なければ予想的中となります。

レンジ取引にも取引時間と判定時間があり、ハイロー取引と同じように取引時間内に予想しポジションを購入、判定時間に勝敗が判定される仕組みです。 取引時間はワンタッチ取引と同様に、ハイロー取引より長めに設定されており1時間や2時間から1日や1週間が基本的な取引時間となります。

設定されるレンジの幅は、現時点のレートから±いくらかで決められていて常に更新されています。

レンジ取引のメリット

  • 利益を出しにくい相場が動いていないときにこそ利益をあげられる
  • 高倍率のペイアウト率でハイリータンが期待出来る

レンジといえばレンジ相場

レンジにはもう一つ意味があります。

レンジ相場と言われている相場の状況になります。

画像を見てもらうとすぐ理解できると思います。

レジスタンスラインとサポートラインで反発している相場ですね。

規則性がある時は反発時を狙えます。

反発しないで飛びぬける事をブレイクといいます。

ブレイクを狙うもいいのですが、為替の特徴として一気に突き抜けると戻る特性があることを頭に入れておかないとエントリータイミングを間違える可能性があります。

今月のおすすめは絶対にこれ!
2020年4月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
ABOUTこの記事を書いた人
只松美咲アイコン

投資歴6年、AB型の只松美咲(ただまつみさき)です。バイナリーオプションに興味がある方、初心者の方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているのでフォロー宜しくおねがいします!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。