PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

米指標への期待が薄れドル売り傾向!若干緩和された事で円買いが濃厚

1月第2週経済指標
もくじ

北朝鮮問題が若干緩和された事で安心して円買いが進みそう

年明け早々いいニュースが舞い込んできましたね。北朝鮮と韓国は南北間で連絡を取るためのホットラインを約2年ぶりに復活しました。

まだ少し前向きに話が出来る場が増えただけで大した事はありませんが、懸念されている日本への影響が緩和される事で、安心して円を買う投資家が増えると予想されるため為替が動くチャンスとも言えます。


まぁ後は経済指標の数字次第ですね。ドルに対して期待が持てればドル買いが行われるわけですが、直近の出来事やイベントからして急激にドル買いが進むような材料もないですし、第2週目のドル円は113円台に届くか届かないくらいの範囲で為替が動くと予想されます。

第2週目の為替が動きそうな狙い目経済指標


ユーロ・雇用統計

  • 発表日時:1月9日(月曜日) 19:00
  • 前回の結果:8.8%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:最近いい結果が出ているので今回も失業率の低下が進むかがポイントです。この雇用統計はユーロの金融政策を決定する上で重要な指標なのでも、為替が動きやすい傾向があるため狙い目です。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

英国・鉱工業生産指数

  • 発表日時:1月10日(水曜日) 18:30
  • 前回の結果:0.0% / 3.6%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:一気に為替が動くような指標ではありませんが、ブレグジット(EU離脱)からポンドは売られる傾向がありましたが、次第に心配も払拭され、ポンド買いが進む動きもみられるようになりました。そのためこの数字がよければより安心してポンドの購入出来る材料となるためチェックしておいて損はないでしょう。
  • 発表後の為替予想:GBP/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・卸売在庫(確報値)

  • 発表日時:1月11日(木曜日) 0:00
  • 前回の結果:0.7%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:大きい変化がある指標ではないですが、年末に112円台まで落ちた為替が113円台まで回復するような材料になる事は間違いないので、どれだけ安定した結果が出るかがポイントです。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

豪・小売売上高

  • 発表日時:1月11日(木曜日) 9:30
  • 前回の結果:0.5%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:最近伸び悩んでいる指標なので、前回の0.5%を超えるいい結果がでれば豪ドル買いが進むと予想されるため、1つのポイントと言えるでしょう。ただ直近で豪ドルが買われるような材料もないため、前回と変わらない結果であれば一時的に動く又はあまり動かないような結果になるでしょう。
  • 発表後の為替予想:AUD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

日本・景気動向指数(速報値)

  • 発表日時:1月11日(木曜日)14:00
  • 前回の結果:106.5 / 116.4
  • 次回予想:108.6 / 117.8
  • 注目ポイント:最近では上昇傾向にある事や海外FXは勿論、ビットコインなどの仮想通貨への投資をする日本人が増えたため、予想とおり前回よりも良くなっている事は間違いありません。しかし株高に繋がれば円安が進むという流れがあるため発表後の為替変動に注意して取引をしなければいけません。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・生産者物価指数

  • 発表日時:1月11日(木曜日) 22:30
  • 前回の結果:0.4%
  • 次回予想:0.2%
  • 注目ポイント:アメリカのインフレ率であるこの指標は金利が引き上げられたこともあって今後の動向が注目されているものの1つです。とくに12日発表のアメリカ・消費者物価指数と今回発表されるアメリカ・生産者物価指数の結果がどちらも上昇していればドル買いの勢いが増す材料となるため注目です。ただし市場予想では前回の0.4%よりも下回る0.2%と予想されているため発表前からドル売りが行われる可能性が高いです。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・小売売上高

  • 発表日時:1月12日(金曜日) 22:30
  • 前回の結果:0.8% / 1.0%
  • 次回予想:0.3% / 0.4%
  • 注目ポイント:11月はブラックフライデーの勢いがあり、12月は個人の消費動向が低下する傾向があります。そのため市場予想では前回より下回る0.3% / 0.4%と予想されていますが、ドル売りの動きはそこまでないと予想されます。ただ一時的に売られる事も予想出来るので発表前から行われるであるドル売りに注意して取引をしましょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・消費者物価指数

  • 発表日時:1月12日(金曜日) 22:30
  • 前回の結果:0.4% / 2.2%
  • 次回予想:0.2% / ―
  • 注目ポイント:アメリカ・小売売上高と同時に発表される指標です。いい結果が期待ところですが、12月は個人の消費動向が低下する傾向がある事や市場予想では下回ると予想されている事もあり、若干のドル売りがある事を想定して取引をしなければいけません。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

利益を出しやすいおすすめの業者と取引方法

と、ここまで1月第2週目の注目経済指標と為替予想をしてみましたが、予想は外れる事があります。しかし為替が動く事は間違いないので、この取引チャンスを生かして一儲けしましょう。

そしてこんな時におすすめのバイナリーオプション取引は短期取引です。

とくに30秒~5分程度の取引がおすすめ。当サイトおすすめ業者であるハイローオーストラリアでは1分取引でも最大2倍のぺイアウトと利益率が高いと人気がある業者です。

そして下記で以前米雇用統計発表後にハイローオーストラリアで取引した流れや分析をしながら取引する利点など紹介してるので、合わせて確認してぜひこのチャンスを利用して一儲けしてみてください。

米雇用統計発表後に為替変動を狙ってハイローオーストラリアで取引した【気になる詳細はこちらから】

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 三井住友銀行と提携!銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 5,000円のキャッシュバックボーナス
無料口座開設・公式サイトはコチラ

これからハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

※クリックすると詳細記事へ移動します。

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。