ご祝儀相場や米雇用統計1月は第1週からドルが動く!見逃したら損する

1月第1週目経済指標
もくじ

ご祝儀相場と米雇用統計にプラスして北朝鮮問題に注目すれば利益を得るかも

今年ももう少しで終わりますね。2018年は年明け早々、2日にご祝儀相場があり、5日にはアメリカ・雇用統計の発表があり、為替が大きく動くと予想されています。

そのためお正月気分は早々に為替変動に対応していかなければいけません。そして北朝鮮問題もまだ解決してませんし、トランプ大統領のエルサレム問題も心配ですし、為替に与える影響が多い週となる事は間違いありません。


まぁイレギュラーな事が起きたとしてもドルに影響を与えるのは短期的な事でしょうし、ニュースをチェックして取引をするといいでしょう。

第1週目の為替が動きそうな狙い目経済指標


アメリカ・MBA住宅ローン申請指数

  • 発表日時:1月3日(水曜日) 21:00
  • 前回の結果:
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:毎週発表される不動産系経済指標です。建築関係の指標はその日だけのデーターというよりは長い目で見て上昇してるか下降してるか判断します。株価は過去最高値になっていますが全盛期よりも下回っているためいい数字が出る事が伸び率へとつながるでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・ISM製造業景気指数  注目アイコン

  • 発表日時:1月4日(木曜日) 0:00
  • 前回の結果:58.2
  • 次回予想:57.9
  • 注目ポイント:米国の製造業において景況感を知るための重要指標です。前回の58.2よりも下回る57.9という予想が出ているので予想とおりであればドル売りが進むでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・FOMC議事録

  • 発表日時:1月4日(木曜日) 4:00
  • 前回の結果:
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:前回利上げを発表した12月のFOMCで話合われた結果内容が公開されます。話し合いの内容は予想されていますが、ハト派またはタカ派の意見が多いなどサプライズ的な内容であれば為替は動きますが、予想通りの「慎重に経済を見極める」程度の内容であればそこまて為替に大きい影響は与えません。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    期待できる内容であれば HIGH
    期待出来ない内容であれば LOW ※確率が高い

アメリカ・ADP雇用者  注目アイコン

  • 発表日時:1月4日(木曜日) 22:15
  • 前回の結果:19.0万人
  • 次回予想:19.3万人
  • 注目ポイント:5日に発表される米雇用統計の先行指標として注目されている指標です。単純に前回よりもいい数字がでればドルが買われる傾向があるので、内容に従って予想するといいでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

ユーロ・消費者物価指数

  • 発表日時:1月5日(金曜日) 19:00
  • 前回の結果:1.5%
  • 次回予想:1.5%
  • 注目ポイント:指標の結果に敏感に動きます。今回の場合は前回と同じ1.5%という予想が出てます。この程度の変化では為替に与える影響は少ないですが2.0%やそれ以上のいい結果がでればユーロ買いが一気に行われるでしょう。。
  • 発表後の為替予想:EUR/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・雇用統計  注目アイコン

  • 発表日時:1月5日(金曜日) 22:30
  • 前回の結果:22.8万人/4.1%
  • 次回予想:18.8万人/4.1%
  • 注目ポイント:アメリカの指標の中でもっとも注目されている経済指標です。為替に与える影響は大きく狙い目と言えるでしょう。しかし最近ではいい結果が出ず伸び悩んでいる事や前回はFOMC前だったという事であまり変化が見られませんでした。FOMC後、初となる米雇用統計なので、もし仮に指標予想とおり前回よりも下回る結果であれば一気にドル売りが進むでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・貿易収支

  • 発表日時:1月5日(金曜日) 22:30
  • 前回の結果:-487億ドル
  • 次回予想:-484億ドル
  • 注目ポイント:今回は米雇用統計と同時に発表されるため貿易収支の結果も重要ですが、雇用統計の数字の良し悪しで為替が動きそうです。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・ISM非製造業景気指数  注目アイコン

  • 発表日時:1月6日(土曜日) 0:00
  • 前回の結果:57.4
  • 次回予想:―57.3
  • 注目ポイント:製造業以外の産業における景況指数です。直前にアメリカ・雇用統計が発表されるため、同じような結果(※前回よりも下回ったとか)であれば、同じように動くと予想されるでしょう。そのためアメリカ・雇用統計発表後の動きも把握して取引をするといいでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・耐久財受注(確報値)

  • 発表日時:1月6日(土曜日) 0:00
  • 前回の結果:
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:今回はアメリカ・ISM非製造業景気指数と同時に発表されるため、アメリカの企業活動を総合的に把握し、為替変動を予想するといいでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

利益を出しやすいおすすめの業者と取引方法

と、ここまで1月第1週目の注目経済指標と為替予想をしてみましたが、予想は外れる事があります。しかし為替が動く事は間違いないので、この取引チャンスを生かして一儲けしましょう。

そしてこんな時におすすめのバイナリーオプション取引は短期取引です。

とくに30秒~5分程度の取引がおすすめ。当サイトおすすめ業者であるハイローオーストラリアでは1分取引でも最大2倍のぺイアウトと利益率が高いと人気がある業者です。

そして下記で以前米雇用統計発表後にハイローオーストラリアで取引した流れや分析をしながら取引する利点など紹介してるので、合わせて確認してぜひこのチャンスを利用して一儲けしてみてください。

米雇用統計発表後に為替変動を狙ってハイローオーストラリアで取引した【気になる詳細はこちらから】

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 三井住友銀行と提携!銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 5,000円のキャッシュバックボーナス
無料口座開設・公式サイトはコチラ

これからハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

※クリックすると詳細記事へ移動します。

気になるハイローオーストラリアのキャンペーン・おすすめ情報campaign & information

初心者におすすめのバイナリーオプション業者ランキング

安全性がありサポートの対応がいいのは当たり前!!海外業者の中でも得に優良で初心者でも勝てるおすすめの業者をランキング付けし「選ばれる理由」をポイントで紹介しています。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア、HighLow-Australia

① ペイアウト率が高く最大2.20倍で多く稼げる。

② 出金は簡単で早く最短1日で着金を確認できる。

たった数分で口座開設が完了しすぐに取引を始める事ができる。

業者詳細を見る 公式サイトへ

theoption

ザオプション

① 他の業者よりキャンペーンが豊富でお得に始めれる。

分析機能付き取引画面で戦略的な取引ができる。

③ サポートがチャット対応しており丁寧に教えてくれる。

業者詳細を見る 公式サイトへ

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ

① 独自の相場予測ツールを無料で使える。

② 仮想通貨取引は24時間(土日)取引できる。

③ クイック出金で最短当日に出金する事ができる。

業者詳細を見る 公式サイトへ

※ハイローオーストラリアで勝てないとは言わせません!!

初心者でも真似できる攻略法まとめ!

ハイローオーストラリアで使えるローソク足・移動平均線・RSIの分析で勝つ方法や予想ツールと分析を駆使した攻略法を紹介。初心者にも分かりやすく、実は教えたくない勝てる裏技も皆様のために公開してるのでお役に立てれば幸いです!!