PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

11月第5週目は米経済指標でいい数字がでれば一気にドル高が進む

11月第5週目経済指標まとめ

去年からブラックフライデーが日本でも浸透して盛り上がっていますね。バーゲンなど心が躍る時期ですが、早いものでもう11月も終わります。

例年では11月末からドル高円安が強くなる傾向がありますが、今年はどうなのでしょうね。11月第5週目はドル高になって欲しいですが・・・。

と、いう事で今回は11月第5週目の為替予想や注目経済指標を紹介します。

もくじ

11月第5週目は経済指標の数字次第でドル高へ!

最近の経済指標では結果が悪く深刻なドル安というわけではありませんが、111円台まで下落した事で安心できない状態が続いています。このまま下落してドル安円高になってしまうのか・・・。

その答えは11月第5週目に発表されるGDPの改定値、住宅関連指標、個人消費関連指標など多くの重要経済指標の結果次第だと言えます。


どの経済指標もいい結果が期待される中、供給不足となっている住宅販売に改善などが重要なポイントとなるでしょう。

第5週目の為替が動きそうな狙い目経済指標

アメリカ・新築住宅販売件  注目アイコン

  • 発表日時:11月28日(火曜日) 0:00
  • 前回の結果:66.7万件
  • 次回予想:61.5万件
  • 注目ポイント:数字が良ければ直にドル買いが進みますが、市場予想が前回よりも悪いので、発表前からドル売りに動く投資家がいるかも。ただ市場予想よりもいい数字がでれば急激なドル買いが進む可能性もあります。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・卸売在庫(速報値)

  • 発表日時:11月28日(火曜日) 22:30
  • 前回の結果:0.3%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:米国は12月が個人消費が最も大きくなる月なので悪い結果は出ないでしょう。そのため前回よりもどれだけいい数字が出るかでドル買いの勢いが変わります。そのため急激な上昇もあるかも。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・S&Pケースシラー住宅価格

  • 発表日時:11月28日(火曜日) 23:00
  • 前回の結果:5.92%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:新築住宅販売件数の関連性が強く、新築住宅販売件数の結果が悪くS&Pケースシラー住宅価格が良ければドル買いが進み、新築住宅販売件数の結果がよくS&Pケースシラー住宅価格が悪い結果であればドル売りが進みます。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数  注目アイコン

  • 発表日時:11月29日(水曜日) 0:00
  • 前回の結果:125.9
  • 次回予想:123.0
  • 注目ポイント:最近はいい数字が出ていますが、今回の市場予想では前回よりも悪い結果が予想されているので、発表前からドル買いの動きがあるかもしれません。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

アメリカ・実質GDP(改定値)  注目アイコン

  • 発表日時:11月29日(水曜日) 22:30
  • 前回の結果:3.0%
  • 次回予想:3.9%
  • 注目ポイント:前回の結果よりもいいためドル買いが濃厚ですが、同時に発表される指標としては個人消費、デフレータ、コアデフレータも参考にして取引するといいでしょう。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・中古住宅販売成約指数  注目アイコン

  • 発表日時:11月30日(木曜日) 0:00
  • 前回の結果:0.0%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:安定した数字が出る指標なのでとくに変動はないでしょう。ただ0%より離れた数字が出た場合急激に為替が動く結果となります。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

日本・鉱工業生産(速報値)

  • 発表日時:11月30日(木曜日) 8:50
  • 前回の結果:-1.0
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:単純に数字が良ければ円が買われて、悪いと円が売られます。ただ朝の発表なので為替への影響が不安定な部分があるので、短期的な取引がおすすめです。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・PCEデフレータ  注目アイコン

  • 発表日時:11月30日(木曜日) 22:30
  • 前回の結果:1.6%
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:PCEデフレータ以外にも個人所得・支出や新規失業保険申請件数、シカゴ購買部協会景気指数といった特に個人に関する経済指標が多くなるため他の指標の結果も考慮して取引するのがベストです。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・新規失業保険申請件数

  • 発表日時:11月30日(木曜日) 22:30
  • 前回の結果:23.9
  • 次回予想:
  • 注目ポイント:毎週発表されている指標ですが数字の良し悪しで為替が変動します。そして、個人所得・支出やPCEデフレータ、シカゴ購買部協会景気指数といった特に個人に関する経済指標が多くなるため他の指標の結果も考慮して取引するのがベストです。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH ※確率が高い
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW

アメリカ・ISM製造業景気指数  注目アイコン

  • 発表日時:12月2日(土曜日) 0:00
  • 前回の結果:58.7
  • 次回予想:58.3
  • 注目ポイント:いい数字が出るのが当たり前状態になってる指標なので、市場予想とおり前回よりも悪い数字が出た場合はドル売りが一気に進む可能性があります。
  • 発表後の為替予想:USD/JPY
    前回又は予想より結果が良ければ HIGH
    前回又は予想より結果が悪ければ LOW ※確率が高い

利益を出しやすいおすすめの業者と取引方法

と、ここまで11月第5週目の注目経済指標と為替予想をしてみましたが、予想は外れる事があります。しかし為替が動く事は間違いないので、この取引チャンスを生かして一儲けしましょう。

そしてこんな時におすすめのバイナリーオプション取引は短期取引です。

とくに30秒~5分程度の取引がおすすめ。当サイトおすすめ業者であるハイローオーストラリアでは30秒取引でも1.95倍のぺイアウトと利益率が高いと人気がある業者です。

ぜひこのチャンスを利用して一儲けしてみてください。

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 三井住友銀行と提携!銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 5,000円のキャッシュバックボーナス
無料口座開設・公式サイトはコチラ

これからハイローオーストラリアを始めるための3ステップ

※クリックすると詳細記事へ移動します。

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年10月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。