PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

FOMC議事録と雇用統計発表後為替予想と勝てるバイナリー取引

3月も終わり、明日から4月ですね。4月も注目の経済指標が発表されますね。

その中でも4月3日~9日の注目すべき経済指標は6日発表の『米FOMC議事録公表』と7日発表の『米・非農業部門雇用者数/米・失業率』でしょう。

どうして米FOMC議事録公表と米・非農業部門雇用者数/米・失業率が注目すべき経済指標かというと、この2つの経済指標の発表後は為替が大きく動くからです。

と、いう事で今回は『米FOMC議事録公表』と『米・非農業部門雇用者数/米・失業率』の注目するポイントと、発表後にどのように為替が動くのか予想し、『米FOMC議事録公表』と『米・非農業部門雇用者数/米・失業率』の発表後で勝てるおすすめのバイナリーオプション取引を紹介します。

このページに記載されている内容

前回発表の米FOMC議事録公表と米・非農業部門雇用者数/米・失業率の為替変動をチェック

ではまず、前回発表の米FOMC議事録公表と米・非農業部門雇用者数/米・失業率の為替変動と、どうしてこの2つの指標が注目すべき指標なのかチェックしてみましょう。

米FOMC議事録公表

米FOMC議事録公表で注目すべきなのは数字ではなく米FOMC議事録の内容です。

この米FOMC議事録は2017年1月31日(火)~2017年2月1日(水)に行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)で話し合われた詳細で、米FOMC議事録に投資家が注目している『利上げのペースや詳細』が書かれているため内容次第では、大きく為替が動きます。

そして判断内容も簡単。

利上げのペースを早める ⇒ ドル買いが進む
利上げのペースは緩やか ⇒ ドル売りが進む又はもみ合い状態

では前回の米FOMC議事録公表が発表された後の為替変動を見てみましょう。

上記の画像は前回2017年2月22日に発表された米FOMC議事録公表後の為替の動きですが、発表後右下がりになっています。

どうしてかというと、2017年1月31日(火)~2017年2月1日(水)に行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げをしませんでした。

そして気になっていた利上げのペースについて明確に話がなく、利上げのペースが速まるのではと期待していた分ドル売りに走った投資家が多かったからでしょう。

ただ、今回2017年4月6日(木)に米FOMC議事録の発表がありますが、3月に利上げをした際の詳細が分かります。

3月16日に利上げを実施したわけですが、利上げのペースを加速させる内容が無く、期待ハズレの結果に下げ幅が大きかったため、6日(木)の米FOMC議事録の発表後も反響があるかも。

米・非農業部門雇用者数/米・失業率

上記の画像は前回2017年3月10日に発表された米・非農業部門雇用者数/米・失業率後の為替の動きですが、3月16日に発表されるFOMCで利上げが確実と噂されていた事や結果が良かった事で上昇しました。


利上げの影響もありましたが、米・非農業部門雇用者数/米・失業率(※通称、雇用統計)は月1回の為替が大きく動くビッグイベントと言われるほど投資家が注目しているため絶好の狙い目と言えるでしょう。

今回の米FOMC議事録と米雇用統計発表後どのように為替が動くか予想

では米FOMC議事録と米雇用統計発表後どのように為替が動くか予想してみましょう。

米FOMC議事録公表

利上げのペースは急がないという内容だと予想されますが、今年中に0.5%以上の利上げをするとなると利上げのペースが加速する可能性もあるので、そのあたりが話われていればドル買いを加速させるかも。
⇒ 利上げのペースについて期待できそうであればドル買いが進む(USD/JPYなら上昇)
⇒ 利上げのペースについて期待はずれならドル売りが進む(USD/JPYなら下降)


米・非農業部門雇用者数/米・失業率


失業率は完全失業率の5%以下を最近は保っているので、米・非農業部門雇用者数の結果が前回や予想よりもいいとドルが買われやすくなります。
⇒ 結果が良いドル買いが進む(USD/JPYなら上昇)
⇒ 結果が悪いドル売りが進む(USD/JPYなら下降)

米FOMC議事録と米雇用統計発表後にはハイローオーストラリアのTurboスプレッド取引がおすすめ

ここまで米FOMC議事録公表と米・非農業部門雇用者数/米・失業率の注目するポイントと、発表後にどのように為替が動くのか予想してみましたが、この2つの経済指標も発表後に為替が大きく変動する事は間違いありません。

そんな時におすすめなのが短期取引が出来るバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは短時間の少しの変動でも利益が出るのがおすすめポイント。しかもハイローオーストラリアのTurboスプレッド取引は短期取引でもペイアウトが2倍と利益率が高いのが魅力的です。

しかも取引方法としてはハイかローか選ぶだけでいいのでバイナリーオプション初心者でも取引を始めやすい!!

Turboスプレッド取引とはどんなものか、どうやったら勝てるのかなどハイローオーストラリアのTurboスプレッド取引方法を実践形式で紹介て詳しく紹介してるので取引の参考にしてみてくださいね。

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 銀行利用なら1日で出金可能
  • 最低入金額5,000円,最低取引額1,000円
  • 独自にライセンス取得で安全性も高い!!
無料口座開設・公式サイトはコチラ

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。