ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアが選ばれる理由

  • 最低取引額1,000円!リスクを抑えた少額投資ができる
  • 出金拒否の心配なし!最短1日で出金してくれるので安心
  • 新規口座開設+初回入金で5,000円キャッシュバック
  • デモ取引は無料で登録なしで使いやすい!繰り返し使えるので新しい攻略法など試せる
初心者が選ぶ業者NO,1口座開設はコチラsankaku-icon

【得な情報をお届け】


7/8の雇用統計後の動きが狙い目!今週の為替を大胆予想

最近は蒸し暑いくらいで、ちょっと外出するのも億劫ですね。また月曜が始まりました。6月後半からざわついていたEU離脱問題も少し落ち着いてきたように感じますが、まだまだ円高状態が続き、これからの為替はどうなるのか気になりますよね?

と、いう事で今週の為替予想と7/8に発表される米・雇用統計/米・失業率の動向なども注目して話をしたいと思います。

今週の為替予想と雇用統計から見る注目すべき狙い目

7/1発表の米・ISM製造業景況指数結果から見る雇用統計予想

先週の金曜日に7/8に発表される雇用統計の先行指標として注目されている米・ISM製造業景況指数の発表がありました。

ISM-0701

-みんなの為替より引用-

米・ISM製造業景況指数結果発表

結果予想前回
53.2
51.3
51.3

今回の結果は前回と予想よりも大分よくいいイメージが持てた事もあり、発表後はドル買いに走る投資家が多く一時的に上昇する形となりました。

これは前回と同じ動きをしている事もあり、経済的に回復してるように感じます。

ちなみにここでも何度も説明していますが、この米・ISM製造業景況指数結果と米・雇用統計/米・失業率と比例すると言われています。


つまり7/8も米・雇用統計/米・失業率の発表後に急激に上昇する可能性が高くなりました。

7/6発表の米FOMC議事録公表で利上げについて発言があるか注目が集まる

そして今週は7/6に米FOMC議事録公表があり、ここで利上げについてなんだかの発言があるか注目されています。まぁ前から7月に利上げがあるかと注目されていましたが、7月の利上げの可能性は低いです。


しかし7/1の米・ISM製造業景況指数結果が期待できるものだったこともあり、7/8発表の米・雇用統計/米・失業率の結果次第ではミラクルで9月の利上げが実施される可能性も高いですし、どちらにしてもなんだかの利上げについて強気な発言がある場合は一時的でも為替が急激に動くので、注目すべきポイントでしょう。

7/8発表の米・雇用統計/米・失業率が今週一番の注目ポイント

koyotoukei0704

そして今週一番の注目ポイントは米・雇用統計/米・失業率(7/8の21時半発表)でしょう。上記でも説明したように米・ISM製造業景況指数結果と米・雇用統計/米・失業率と比例すると言われているため、今のところ予想では前回よりも結果がよく発表後に上昇すると予想出来ます。

しかし6月の雇用統計(5月の雇用統計結果)発表では予想以下の結果となり、米・ISM製造業景況指数結果と比例しない形となり、投資家は裏切られた印象を持ち急激に下降しました。

ISM-0701-3

-みんなの為替より引用-

5月の雇用統計結果

結果予想前回
3.8万人/4.7%
16.0万人/4.9%
16.0万人/5.0%

これは5月の雇用/失業率が表示されていますが、結果が予想や前回よりも大幅に悪かったこともあり、急激に下降しました。

今回はそのような事がないと信じていますが、前回の事がありますので、米・雇用統計/米・失業率発表後に取引をする場合はちゃんと米・雇用統計/米・失業率の結果を把握して、取引をしましょう。


【発表後の為替予想】
・前回や予想よりも結果が良かった場合 → USD/JPYの場合は上昇する(HIGH)
・前回や予想よりも結果が悪かった場合 → USD/JPYの場合は下降する(LOW)

今週の為替は雇用統計以外もみ合い状態になる可能性が高い

では今週の為替はどんな動きになるかというと、7/8にある米・雇用統計/米・失業率発表を前に様子見の投資家が多くなるため、急激に動くとしたら7/8の雇用統計発表後だけでしょう。

それ以外は全体的にもみ合い状態になるかもしれません。そんな時におすすめしたい取引方法は逆張りで購入する方法です。


もみ合い状態になっているといっても上がったり下がったり相場はするものですので、上がり下がりが変わる瞬間を狙って取引をする事で勝ちやすくなるためおすすめ!!

下記でおすすめの逆張りで購入する方法を紹介してるので、参考にしてみてください。

今、EU離脱問題で相場が騒然としていてバイナリーオプションで取引をするのにチャンス!!どうしてかというとFXなどと違いバイナリーオプションはちょっとした変動でも利益が出てしかも短時間で結果が出て儲けられるからです。

今バイナリーオプションで利益を出しやすい状態になってるので、是非このチャンスを生かして一儲けしてください。

EU離脱決定後の為替には逆張りが効果的!ハイローオーストラリアで利益を上げる必勝法も紹介【気になる詳細はこちらから】

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 出金条件なし!申請から最短当日に出金可能
  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 入出金にNETELLERが使える!
  • 最低取引金額1,000円、最低入金額5,000円

気になるハイローオーストラリアのキャンペーン・おすすめ情報campaign & information


こちらの記事も読まれています。

経済指標で勝率をあげる!

経済指標を使って取引する為に必要な準備とおすすめ指標まとめを週1回更新しています。

続きはコチラ

土日で取引可能!

平日忙しいリーマン必見!ファイブスターズなら仮想通貨を使って取引で稼げます。

続きはコチラ

簡単にデモ体験!

ハイローオーストラリアなら登録不要で、デモトレード体験が可能になります。

続きはコチラ

※ハイローオーストラリアで勝てないとは言わせません!!

初心者でも真似できる攻略法まとめ!

ハイローオーストラリアで使えるローソク足・移動平均線・一目均衡表・MACD・RSIの分析で勝つ方法や予想ツールと分析を駆使した攻略法を紹介。初心者にも分かりやすく、実は教えたくない勝てる裏技も皆様のために公開してるのでお役に立てれば幸いです!!

初心者におすすめの優良バイナリーオプション業者ランキング

安全性がありサポートの対応がいいのは当たり前!!海外業者の中でも得に優良で初心者でも勝てるおすすめの業者をランキング方式で紹介しています。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア、HighLow-Australia
儲かる・安い・安全の3拍子

ペイアウト最大2倍に加え、最低入金5,000円&取引額1,000円と利用しやすくしかも最短1日で出金対応!!しかも今なら5,000円分のボーナスが貰える事や勝てる秘策を使えばバイナリー初心者でも勝てると評判が高い業者です。

業者詳細を見る 公式サイトへ

theoption

ザオプション
低コスト・利益重視におすすめ

独自の取引プラットフォームアプリ搭載で分析に役立つ!ペイアウト最大2倍に加えて、最低入金額5,000円・最低取引額1,000円と低めの設定でしかも申請3日で出金完了するなど利用しやすい魅力的なバイナリーオプション業者です。

業者詳細を見る 公式サイトへ

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ
ペイアウト最大3.22倍

アップダウン取引でペイアウト3・22倍が可能!さらに業界初の仮想通貨取引で土日で取引でき、銘柄も豊富になっています。他の業者より最先端を走るおすすめのバイナリーオプション業者です。

業者詳細を見る 公式サイトへ

バイナリーオプションのお役立ちコラム

信頼できる業者を選ぶポイントと特徴を比較

  • 初回入金額で比較 初回入金額で比較
  • ペイアウト率で比較 ペイアウト率で比較
  • 60秒取引で比較 60秒取引で比較
  • 出金手数料で比較 出金手数料で比較
  • アプリ対応で比較 アプリ対応で比較
  • オンライン決済で比較 オンライン決済で比較
  • 出金反映の早さで比較 出金反映の早さで比較
  • キャンペーンで比較 キャンペーンで比較
  • 分析ツールで比較 分析ツールで比較
  • 銀行振込で比較 銀行振込で比較
  • 安全性で比較 安全性で比較
  • 取引方法まとめ 取引方法まとめ

副業でバイナリープションを利用するためにあなたに合った取引スタイルを見つけよう

バイナリーオプションは、何時~何時までといった、取引期間の取り決めやルールはありません。

自分が手の空いた時間に、すきな時にすきな時間だけ取引が出来るのが魅力のひとつになっています。

副業で利用したいけど自分の取引スタイルが決まらない!と悩んでいる方は是非チェックして下さい、きっと自分に合った取引スタイルが見つかります。

専業主婦の取引スタイル

専業主婦

時間が余った時

専業主婦も立派な職業ですが、休憩時間などを活用して旦那の倍稼いでやりましょう。

サラリーマン・OLの取引スタイル

サラリーマン・OL

隙間時間で

サラリーマンやOLの場合、通勤前や通勤の時間、帰宅後の時間で取引に参加できる環境を作ることが大事なポイントになります。

フリーター・学生の取引スタイル

フリーター・学生

勝てる時間に参加!

どの市場の時にどんな取引をすれば1番取り組みやすいのかを考えることが大事なポイントになります。