PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

ヘリマネ政策しかないのか?100円台を割り込んで円高リスクが強まる

money-1
これを読めば為今後の相場変動が分かる確認すべきポイント

ヘリコプターマネー(ヘリマネ)政策のメリットとデメリット

先週は日銀が追加緩和を導入するなど政府の経済対策発表にもかかわらず、円高に歯止めがききません。逆に円高を加速した結果になりました。

もしかしたら100円割れもあるかもしれませんね。

7月は海外の投資家の中で、日本がヘリコプターマネー(ヘリマネ)政策に踏み込むとの思惑が強まった事もあり一時円安方向に動いていたのに残念です。

しかしヘリコプターマネー(ヘリマネ)って何と思っている方も多いでしょう。

ヘリコプターマネー(ヘリマネ)とは
政府と中央銀行が大量の貨幣を国民に供給する政策のことです。つまりお金を上げるから買い物などして、経済を潤してほしいという対策です。

とても素晴らしい対策なので、国民としてはうれしい限りです。

しかもこういう支給するものって元々は我らが払った税金から出たり、消費税から出るものが多いため、使わずに貯める方も多いですが、ヘリコプターマネー(ヘリマネ)は政府と中央銀行が支給するので我らの負担はなくむしろ儲かる結果になる。

なら導入しちゃえばいいのに、日銀の黒田総裁はヘリコプターマネー(ヘリマネ)について否定した事も今の円高加速をさせているのかもしれませんね。

しかしヘリコプターマネー(ヘリマネ)を黒田総裁が否定的な気持ちも分かります。

何故ならヘリコプターマネー(ヘリマネ)政策は、簡単に言えばデフレ不況という病を治すための「特効薬」です。しかし、特効薬を飲むタイミングや量を間違えると逆効果に!!

つまりヘリコプターマネー(ヘリマネ)もタイミングや量を間違えるとインフレに陥る心配があるため、慎重になっているのでしょう。


ただ消費税率8%へ増税した事や、原油価格の下落によって、今の物価上昇率はあまりよくありません。そのため残された手段として、今ヘリコプターマネー(ヘリマネ)政策しかないという状況まで陥った事は確かです。

利上げ期待が薄いため円高を食い止める材料なし

money-2

8/5(金)の21:30には月1回のビックイベントである米雇用統計の発表がありますが、アメリカが利上げを見送る事は想定内ですし、しばらくは利上げの実施はありません。

早くても12月ではないかという意見が広まっているため、円高を阻止する材料はありません。

そのため9月に予定される日銀の政策総点検を前に、100円台を割り込んでドル安円高が進行するリスクが強まっている今、なんだかの対策が8月に取られると思うので、動向が大注目です。


今回追加緩和の失敗のように急激に円高が進むかもしれないし、逆に対策がとられて円安方向に進むかもわかりません。ただ分かっている事は今相場変動が激しく、取引のチャンスという事です。

円高が進むという事は動きが読みやすく利益を上げやすい証拠

これからお盆休みに入る方も多いと思いますが、お盆中のバイナリーオプション営業と入金決済についてのお知らせで、紹介してるようお盆期間中でも取引が可能!

ただ入出金が連休中に出来ないというトラブルの報告も毎年あるので、休み期間中に取引を検討されている方は早めに入金を済ませて挑むとスムーズに、取引が出来ると思うので、是非この機会にバイナリーオプションで取引を始めてみましょう。

バイナリーオプションをはじめるならハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • ネッテラー利用なら申請当日に出金可能!
  • 出金トラブルゼロで有名な業者!
  • 取引額は1,000円から・入金額は5,000円から!
無料口座開設・公式サイトはコチラ

気になるハイローオーストラリアのおすすめ情報

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。