PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

トランプ相場の今Yバイナリーで利益を出す秘策

アメリカ大統領選挙が終わり予想外の円安状態でトランプ相場の恩恵を受けている方も多いでしょう。しかし円安になると言われても実際どうやって取引をすればいいか悩みますよね?

と、いう事で今回は今、トランプ相場で役立つYバイナリーで利益を出す秘策を紹介したいと思います。

ybinary20161122-8

難しい分析などは不要です。用意するのはYバイナリーの取引画面だけ!!この取引アラートとライン足を利用して分析をし、どちらに動くか予想して取引をします。

ちなみに取引アラートについてはバイナリーの取引アラートの使い方と勝てる必勝法(秘策)で詳しく説明してるので、そちらを参考にしてみてください。

ybinary20161122-1

では早速取引をするのですが、まず取引アラートでシグナルが出ている銘柄を確認しましょう。例えばUSD/JPYは上昇すると予想されています。

ybinary20161122-2

次に取引画面を表示してライン足を確認すると全体的に下降してます。若干上昇しているように見えますが、本当にここから上昇するのか微妙ですよね。

ybinary20161122-3

はい。ここでライン足に線を引いて上限と下限の位置を確認しましょう。これは2016年末に向けておすすめのテクニカル分析を使わない取引方法でも紹介しましたが、RSIなどを使わないで逆張りをする取引方法の応用編です。

為替相場は大体この上限と下限の間を上がったり下がったりするものなので、線を引く事でこのまま同じ方向に進むか逆方向に進むか予想するのに役立ちます。

上記の画像USD/JPYは中間あたりの位置にいます。今下降してる状態なのでこのまま下降しそうです。ただあと2分~4分程度で下限ラインに到達しそう。

と、いう事は取引アラートのシグナルの予想とおりに少し長い時間で取引するならこれから逆方向に進み上昇する可能性があります。

本来ライン足だけで中間あたりにある場合は上昇も下降もするので手を出しにくいのですが、取引アラートが上昇すると予想している以上これは信憑性が高いし、信用出来るかも。

と、いう事でUSD/JPYを約20分後に取引が終了する時間で購入してみました。

ybinary20161122-4

ちなみに同じような方法で取引アラートでシグナルが出ていてライン足を使って分析をし、予想が当たりそうなものを選んで他にも2取引を購入しました。

ybinary20161122-5

取引終了時間を12時30分に統一したと思ったらUSD/CHFだけ時間を間違えたので12時20分と12時30分の2つ購入するというハプニングもありつついい感じです。

そして予想とおりUSD/JPYは購入時よりも多少の下降をしましたが、予想通り上昇。

ybinary20161122-6

しかしAUD/USDは下降すると取引アラートでは予想されていたし、上限ラインに到達してたので、下降していくと予想しましたが、購入位置よりも下がらず・・・。

ybinary20161122-7

と、いう事で今回は4取引をしましたが、3取引成功で1取引は失敗に終わりました。

いや~今回は分析力が高い取引アラート+独自にテクニカル分析を使用せずに予想してみた事でとくに苦労する事なく利益を上げる事が出来ました。

ただ上記でも説明したように100%予想が当たるわけではありません。

しかし何もせず勘で取引をするよりは利益を出しやすいかな~って思うので、このトランプ相場を利用してYバイナリーで取引をする際に参考にして利益を上げるのに役立ててみてください。

ちなみに今回紹介したYバイナリーは最低入金額20,000円・最低取引額1,000円と少ない資金で取引を始める事が出来るので、どの業者で取引をしようか悩んだ際はぜひ参考にされてみてください。

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。