パリ同時多発テロが与える為替相場への影響とは?

tero1

フランスのパリで13日夜(日本時間14日早朝)、中心部のコンサートホールや北部のサッカー場などを標的とした同時多発テロ事件が起きて死者120人超の被害が出たパリ同時多発テロの影響で為替相場への影響が気になりますよね?

影響が出る通貨ペアとしてはユーロ円、ユーロドルですが、それぞれの為替の動きを見てみましょう。

EURLJPY-1116

土日はマーケットが休みなので、16日の朝の値動きが注目されていましたが、やはり急激に下降しましたね。こちらは円/ユーロの動きですが、マーケットが開く7時にがくっと下がっています。

EURUSD1116

ドル/ユーロも円/ユーロのように急激に下がっています。

しかし値下がりは一時的なものでこの先急激に下落する事はないだろう

ちなみに同規模のテロが2004年3月11日、スペインのマドリード列車爆破テロ事件が起きています。マドリード列車爆破テロ事件では191人が死亡、2000人以上が負傷しました。

マドリード列車爆破テロ事件は日本時間でいうと、3月11日の15時40分ごろだったため為替レートが動いている日中での事件でした。

2004年3月11日のユーロドルの為替レートの動きを確認してみると
【】
始値1.2227
高値1.2386
安値1.2161
終値1.2345

一時的ですが、1.2161まで下がってしまいましたが、結局1.2345で終了しているので、一時的な動きだった事が分かります。

そして2004年3月11日のユーロ円の為替レートの動きを確認してみると
始値135.49
高値136.99
安値134.50
終値136.75

ユーロ円も一時的ですが、134.50まで下がりましたが、結局は始値よりも高値で終了しています。

この事により朝は一時的に下落しましたが、この先急激に下落する事はないと考えられます。

テロが続いている事で言葉は悪いですがテロ慣れをしているため継続してテロがない限り、大きい動きがないと考えられるのでドル円に関しては押し目のチャンスでしょう。

そしてユーロドルに関しては、今まで以上にユーロ売りを加速させるような材料になる可能性が高いです。

フランスがEU経済に与える影響は決して低くはありません。そのためパリでのテロともなれば観光客は激減しパリ市民も外出をしばらく控えるといった消費活動の低下は予想されますからね。

ともかくこのような経済的な動きがある場合相場の変動があります。バイナリーオプションの場合はFXなどより取引時間が短い事で相場を予想しやすいと言われていますが、テロのような経済的な影響がある際は少し取引時間が長い方が予想しやすいので、ユーロを利用する際はいつもよりも長めの時間で取引をするといいでしよう。

15分以上の取引でもハイリータンが期待できるおすすめのバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • ペイアウトは固定2倍
  • 入出金にNETELLERが使える!
  • 出金トラブルゼロで有名な業者!
  • 最小取引金額は、1,000円から!

Yバイナリー(Ybinary)

  • 固定2倍のペイアウトでハイリターンが期待できる!
  • ネッテラー搭載で信頼が出来る!
  • 初回入金額1万円・最低取引額1,000円と低予算!
  • 高性能の無料シグナルツール完備!

スマートオプション(smartoption)

  • ワンコインの500円から取引ができる
  • 上位トレーダーと同じ取引ができるiフォロー
  • 高収益取引のペイアウト倍率が500%
  • 「ダブルアップ」で利益を倍にする機能
今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年5月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
ABOUTこの記事を書いた人
只松美咲アイコン

投資歴6年、AB型の只松美咲(ただまつみさき)です。バイナリーオプションに興味がある方、初心者の方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているのでフォロー宜しくおねがいします!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。