PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

国内バイナリーオプション取引停滞の影響で海外業者に注目か?

先日FX関連情報サイトで有名なフォレックス・マグネイトで「国内バイナリーオプション取引、停滞を続ける」という衝撃的な内容が発表されました。

どうしてこのようになったからというと2013年11月より国内のバイナリーオプションに厳しい規制が導入された事によってトレーダー離れをしてきた事が考えられます。

kisei
厳しい規制とは
短期取引の全面禁止で2時間以上の取引が必要。知識を高める目的で新規口座開設時の能力テストの強化

簡単にいうと今まで短期取引で簡単に取引が出来ていましたが、2時間以上の長期取引に変更された事で短期取引を望んでいるトレーダーの心が離れて、又今まで気軽に始める事ができた取引がトレーダーのFXへの知識を高める目的で能力テストを新規口座開設前に実施したり、圧力をかけた事で低迷したと言えるでしょう。

勿論国内のバイナリーオプションは信託保全などの補償があり信頼されている事は間違いありません。

ただ補償があっても取引が自由にできない・不便ではトレーダーとしては継続して利用する事が難しくなっている事も今回の結果を招いたと言ってもいいでしょうね。

国内と海外のバイナリーオプションの違いは厳しい規制があるか無いかの違い

souba

ちなみに海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違いは何かというと上記で説明した厳しい規制があるか無いかの違いです。

海外バイナリーオプションの場合は最短30秒で結果が出来るものもありますし、大人気の60秒取引はどの海外バイナリーオプション業者で利用出来ます。

当たり前の話ですが、2時間後の動きを予想するよりも60秒後の動きがどうなっているかを予想する方が簡単ですよね?

そのため2013年11月の規制後は国内バイナリーオプションよりも海外バイナリーオプションの方が人気があり、利用されるトレーダーも増えてきました。

ただ海外バイナリーオプション業者の中には出金トラブルがある業者もあるので要注意

残念ながら、「海外 バイナリーオプション」などで検索すると詐欺というキーワードが目立つでしょう。

実際に出金トラブルの報告がある業者もありますしね。しかし中にはトレーダーの知識不足のために出金トラブルになるケースもあるので、一概に海外バイナリーオプション業者は詐欺だと断定する事はできません。

では海外バイナリーオプション業者で取引をしたい場合どうしたらいいのかというと安全性が高い業者での取引をする事をおすすめします。

国内業者で取引をするか海外業者で取引をするかは自分の目的次第で決めるといい

ここまで国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの違いなどを紹介してきましたが、どちらがおすすめかと聞かれてもなんとも言えません。何故なら自分に合うか合わないかはその人次第だからです。

そのため厳しい規制があっても信託保全などあり安全性がある国内バイナリーオプション業者がいいという方もいれば、厳しい規制は嫌!!だから海外のバイナリーオプション業者でも安全性が高い所で取引をしたいという方など人ぞれぞれの希望に合わせてどちらを選ぶか、そしてどの業者で取引をするか決めればいい思います。

ただ言える事は本格的に投資をしたい方はともかくお試し感覚でちょっと儲けたいと思ってる方なら難しい試験もなく厳しい規制もない海外バイナリーオプション業者での取引の方が気軽にできるのでおすすめですね。

これからバイナリーオプションを始めようとしてる初心者におすすめの海外業者

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

  • 出金条件なし!申請から最短当日に出金可能
  • 短期取引でもペイアウト2倍
  • 入出金にNETELLERが使える!
  • 最低取引金額1,000円、最低入金額5,000円
今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年9月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。