PICKUP記事
【すぐ出金できる】ハイローオーストラリアでもらえるキャッシュバックの内容と条件
ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金できない原因と対処法

通貨には投資家の性格によって特徴がある

通貨を取引しているのはみんな人で、基本的には自国の通貨が絡んだ通貨ペアを取引しています。

さらに各国の金融政策などによっても動きが変わるので、通貨毎に様々な特徴が出てきます。

ここでは主要な通貨の特徴についてまとめています。

もくじ

米ドル(USD)

世界一の経済大国アメリカが発行する通貨で、取引量が世界一なのはもちろん、国際為替市場で中心に扱われる通貨で「基軸通貨」とも言います。

米ドルの特徴は、市場の大きさから大きな乱高下が起きにくい事と、日本でも米国のニュースが手に入りやすいということです。

他の通貨に比べると相場が読みやすく、初心者や低リスクでやりたい人に向いている通貨と言えるでしょう。


日本円(JPY)

日本円は、日本銀行が発行している通貨で、世界の基軸通貨として扱われている米ドル・ユーロに次ぎ、世界で三番目に多く取引されています。

通貨の中ではカントリーリスク(地域紛争などの政治的要因や、デフォルトなどの経済的要因で損失を被るリスク)がほぼ0と言って良いくらい安定した通貨と言われています。

米国やヨーロッパで経済不透明感などが出たり、通貨にかぎらず株安になったりするとリスクを回避する動きから真っ先に円が買われ円高傾向となります。


ユーロ(EUR)

ユーロとは、ヨーロッパの国々が経済共同体として組織した欧州連合の加盟国で扱われている通貨で、アメリカドルの次に取引量が多い、世界第二の基軸通貨です。

基軸通貨である米ドルがリーマン・ショック後に価値を下げる中、価値を上げ台頭してきたのがユーロです。ただし、ユーロ圏で黒字化している国はドイツくらいしかなく、他の国の負債をカバーできるかどうかのリスクもあります。

また経済指標についてもユーロだけでなく、経済市場として大きいドイツ、フランスあたりもユーロのレートに大きく影響を与えます。


ポンド(GBP)

英ポンドは、ヨーロッパ大陸の経済大国であるイギリスで発行されている通貨で、高金利を維持しているためイギリスの経済規模から図られる価値よりも高い価値で取引されることが多いです。

特徴としては、海外での取引よりもイギリス国内での取引が比較的多いため、一時的に激しい値動きをする通貨です。そのため、超短期でトレンドを狙うバイナリーオプションと相性は良いですが、乱高下に惑わされない相場を見る目が要求されます。

今月の使えるキャンペーンはこれ!
2020年10月に始めるとお得なバイナリーオプション業者ランキングをまとめました。今すぐチェック!
ランキングを見る
この記事を書いた人管理人ただみさ
只松美咲アイコン

投資歴6年AB型の只松美咲、通称「ただみさ」です。バイナリーオプションに興味がある方や初めての方がより良い海外バイナリーオプション業者を見つけれるようにこのサイトを運営しています!Twitterもやっているので良かったらフォローしてみてくださいね!

Twitter

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

当サイトで口座開設が多くみんなに人気なバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介します。業者の良さや攻略法など合わせてご確認ください。